銀行公的機関ノンバンクのリフォームローン金利比較: 岩手県(地方公共団体)のリフォームローン(助成制度):住みたい岩手の家づくり促進事業(リフォーム)特徴・メリット・評判

2014/10/10

岩手県(地方公共団体)のリフォームローン(助成制度):住みたい岩手の家づくり促進事業(リフォーム)特徴・メリット・評判

岩手県は、岩手の厳しい自然環境へ対応するために必要な「さらなる省エネ性能」を兼ね備え、かつ、「岩手県産木材の活用」等岩手らしさを取り入れた『岩手型住宅』の推進を図ることにより、環境負荷の少ない良質な住宅ストックの形成並びに県産材の活用による県内の産業振興を目的とした、「住みたい岩手の家づくり促進事業」を行っています。

「一定の省エネ性能」を備え、「一定量以上の県産材」を使用した住宅の新築・増改築に支援を行っています。

岩手県はその岩手県産材を利用することで林業を活性化させ、森林の整備を進めています。

「住みたい岩手の家づくり促進事業」は、岩手県産材を活用した優良な在来木造住宅を普及することで、地産地消による地域産業の活性化や地球温暖化対策の推進を図ることを目的とした補助制度です。
住宅の新築でもリフォームでも利用できます。
住宅のリフォームの場合は増築、改築、模様替え、修繕等に対する補助です。

岩手県内の工務店等が手がける住宅のリフォームを行う方に対して、県産材部材の使用数量に応じて補助金が交付(限度額有り)されます。

利用できるものは利用しましょう。

住宅のリフォームを実施する場合、融資の利用については、金融機関に相談してください。

都道府県岩手県
制度名住みたい岩手の家づくり促進事業
制度概要岩手の厳しい自然環境へ対応するために必要な「さらなる省エネ性能」を兼ね備え、かつ、「岩手県産木材の活用」等岩手らしさを取り入れた『岩手型住宅』の推進を図ることにより、環境負荷の少ない良質な住宅ストックの形成並びに県産材の活用による県内の産業振興を目的
対象リフォーム
(工事)
<新築の場合(建売住宅を除く)>
1.木造在来(軸組)工法であること
2.延べ面積が75平方メートル以上の一戸建て住宅(二世帯住宅を含む)であること
3.平成25年基準または次世代省エネ基準相当の省エネ性能を満たすこと
4.県産材を住宅部分において10立方メートル以上使用すること
5.建設現場を見学会等のPRの場に提供すること
6.県内に本店を置く建築業者が施工すること
7.平成26年4月1日以降に着工し、平成27年3月31日までに工事が完了すること

<増改築(リフォーム)の場合>
1.建築確認を受けて行う増改築工事であること
2.増改築部分の構造を木造とすること
3.増改築部分について一定の省エネ性能を満たすこと
4.県産材を増改築工事部分1平方メートル当たり0.1立方メートル以上使用すること
5.建設現場を見学会等のPRの場に提供すること
6.県内に本店を置く建築業者が施工すること
7.平成26年4月1日以降に着工し、平成27年3月31日までに工事が完了すること
主な対象者1.岩手県内に、自ら居住するため、金融機関から建設資金の貸付けを受けて、住宅の新築をする者
2.自ら居住するため、金融機関から建設資金の貸付けを受けて、県内に存する住宅の増改築を行う者
支援方法補助金
対象融資限度額
補助額<新築の場合>
*基本額
金融機関からの借入額(建物分のみ、上限2,000万円)の1.0%
最大20万円
*追加額
県産材を20立方メートル以上使用した場合は、基本額に加えて10万円
県産材を30立方メートル以上使用した場合は、基本額に加えて20万円

<増改築(リフォーム)の場合>
金融機関からの借入額(建物分のみ、上限1,000万円)の1.0%
最大10万円
担当部署〒020-8570 盛岡市内丸10-1
岩手県庁 県土整備部 建築住宅課 住宅計画担当
お問合せ先電話:019-629-5934

まずは 無料審査! ★秘密厳守★ 総合マネージメントサービスの不動産担保ローン

親切!丁寧!スピーディー!
おまとめローン
不動産担保ローンの
【中央リテール】